『Artist(アーティスト)』
 
このアーティストページでは、アンダルシアンギターの魅力を心から感じ、その素晴らしいサウンドに素敵な華を添えてくれる国内外のプロフェッショナル・ギタリストを紹介します。

※各アーティスト(敬称省略)は、複数のブランドのギターを自分のスタイル、曲などに応じて使い分けています。
※なお当ショップでは、アーティストとのエンドースメントを一切行っておりません。




【 新たな音楽を創造し続ける Japan 】  【フラメンコの王者 Spain 】





【 Japan 】
No1.増井 建一No2.内田 えいじNo3.Daniel Rico(ダニエル・リコ)No4.高木 潤一









Junichi Takagi(高木 潤一)
・ギタリスト
使用ギター:アンダルシアンギター
1. Marcelo Barbero 1948-W / Wittner Pegs®
2. Francisco Simplicio 1929 / Movingui(Yellow) with Zero Fret System

【プロフィール】
17歳よりプロとしてクラブ、ライブハウスなどで活躍する。
86年渡米、名ピアニスト、バリー・ハリスに師事する傍らロン・カーター、マル・ウォルドロン等とセッションを重ねる。

帰国後はフラメンコギターを坂中浩治氏に師事する一方で、ジャズ、クラッシック、世界中の民族音楽のエッセンスを盛り込んだ、ギター、ヴァイオリン他の編成によるMASARA(マサラ)を結成、東京を中心として日本各地のライブハウス、イベント等でライブ活動を展開中。


【参加作品抜粋(一部のみ紹介)】
・ナムコ PlayStation 2(PS2)用フライトシューティングゲーム
『エースコンバット・ゼロ ザ・ベルカン・ウォー』(ACE COMBAT ZERO THE BELKAN WAR),2006年発売
フラメンコギターパート担当

・バンダイナムコエンターテインメント PlayStation 4(PS4)用フライトシューティングゲーム
『エースコンバット7』(ACE COMBAT 7),2017年発売予定
ギターパート担当:Marcelo Barbero 1948-W / Wittner Pegs®(録音で使用)

【2017年1月18日現在での情報】
CS放送にて、Marcelo Barbero 1948-W / Wittner Pegs®を使用したライブ放映が決定。
同ライブのDVD化も決定。
※詳細は、追ってお知らせします。
















Daniel Rico(ダニエル・リコ)
・カンタオール
使用ギター:アンダルシアンギター
1. Santos Hernández 1927 / Clear Cherry(Yellow)

【プロフィール】
母がコロンビア人で、父が日本人。
コロンビアの首都ボゴタで生まれ、6歳で日本へやってきた。日本育ちなのでほぼ日本人であるものの、南米の血をひく音楽のノリは完璧なラテン人である。

フラメンコに必要なスペイン語の発音がほぼ完璧で、日本では貴重な歌い手であり、またギターをも弾きこなすマルチな存在である。
とりわけルンバが得意。
人は彼のルンバを「ダニエルンバ」と呼ぶ。

現在フラメンコの熱いカンタオール(歌い手)として全国各地のライブ、イベントなどで日々飛び回っている。











Eiji Uchida(内田 えいじ)
・フラメンコギタリスト
使用ギター:アンダルシアンギター
1. Santos Hernández 1927 / Ovangkol

【プロフィール】
・クラシックギターを橘川恭則氏に師事。
・後にフラメンコギターへと転向し、原田和彦氏に師事。
・現在、舞踊伴奏を中心とした各種イベントへ出演するとともに、
星野愛加フラメンコ舞踊楽団にて絶賛活動中。












Kenichi Masui(増井 建一)
・東京都在住 
・フラメンコギタリスト
・使用ギター:アンダルシアンギター
1. Marcelo Barbero 1945
2. Marcelo Barbero 1945 Special Cutaway(french polish style varnish)

【プロフィール】
1969年生まれ。
16歳よりギターを独学で始める。
19歳よりフラメンコ・ギターを日野道生氏に師事。
1992年スペインへ留学。
マドリッド、セビリアにおいて、地元のアーティストと交流。
アリカンテにわたり、「Raices gitanas」というフラメンコ・グループに参加。
レストラン、タブラオ、クラブ等で活躍。
現在、東京を中心にタブラオ、舞台、各種イベント等で活動中。








(※新宿エル・フラメンコにて本番前に撮影,2014)


『どこまでも行ける翼を手に入れた・・(ライブ本番で使用して)』
踊りの伴奏は、踊り手さんの動きや、表情を瞬時に読み取りテンポや、
テンションを目まぐるしく変えていくので、
ギターにも一瞬の隙を感じさせない反応の速さが求められますが、
アンダルシアンギター Marcelo Barbero 1945を本番で使ってみて、
その瞬発力に改めて驚かされました。

弾く以前に自分の中にあるイメージを事前にわかっているような感じで、
さらに音色が 「これってCDですか?」 というくらいのめっちゃいい音なので、
どこまでも行ける翼を手に入れたような、本当に感動ものでした!
サイドのサウンドホールは、ステージ上のモニターよりも早く大きく聞こえるので、
演奏の手助けになってくれています!

Marcelo Barbero 1945 今後も大活躍間違いなしです!











【 Spain 】


Maestro Ruben diaz
(ルーベン・ディアス)

・フラメンコギタリスト、コンポーザー、フラメンコギター教師
・使用ギター:アンダルシアンギター



























Niño Seve(ニーニョ・セベ)
・フラメンコギタリスト
・コルドバ国際フラメンコ芸術フェスティバル2013 ギターカテゴリー優勝、その他多数コンクール優勝
・使用ギター:アンダルシアンギター
 (※Marcelo Barbero 1948)












Antonio Rey(アントニオ・レイ)
・フランコギタリスト、音楽家
・スペイン主要5大フラメンコギターコンクール優勝
・使用ギター:アンダルシアンギター






























  
David Leiva(ダビ・レイバ)
・フラメンコギタリスト、ギター教師
・使用ギター:ファン・モンテス・ロドリゲス 
                        










Pablo San Nicasio (パブロ・サン・ニカシオ)
・フラメンコギタリスト、著述家、報道ディレクター
・使用ギター:ファン・モンテス・ロドリゲス










 
 
 
 

 

『2017年、当ショップを応援いただき誠にありがとうございます。多くの方々からの1日ワンクリック、ほんとうにありがとうございました。今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。』
※投票は終了致しました。



Camps

フラメンコ・ギター

クラブチッタLIVEにて使用!!




ホセカルロス・ゴメス

最新CD、ORIGEN

絶賛限定発売中!!




ご利用は、こちらから

ログイン!!

ログイン
新規会員登録はこちら

お問い合わせ

( ご相談、お待ちしております!)

店長 ごあいさつ

Taro

Spain Guitar Online Shopの店長、Taroです。
♪とにかくカッコよくて惚れ惚れしてしまうようなスペインギター(フラメンコギター、クラシックギター)を中心に、皆様に紹介、販売していきたいと思っています。伝統は受け継ぐだけでなく、自らが創っていくもの!日本には知られていない素晴らしいギターがスペインを始めとするヨーロッパには、たくさんあります。また、日本からもガットギターの新しい風が吹き始めています。皆様がギターをお手に取られたとき、満足していただけることが私の喜びです。末永くSpain Guitar Online Shopをご愛顧いただけることを願っております。

♪店長ブログ(blog)♪


( ご相談、お待ちしております!)

Mobile